札幌中央区のロゴマップフォーイングリッシュのメソッドを利用しての英語を正確に短時間で手に入れる方法があります。個別指導・マンツーマン

講師紹介

  • HOME »
  • 講師紹介

ご挨拶

物事は進化する程に単純化する、
独創的なものは真似し易いと云います。

パソコンの進化過程も、
一般ユーザーには、そういう道を経て来たものです。
英語も同じかも知れません。

文法や作文理論を、もっと
日本人向きに発展させられれば、
「使用法」は、ずっと単純化します。

多くの物事の複雑さは、未開拓、進化の途上を示しているのです。
英語だけでなく、多種の言語の機械翻訳が進歩して来ました。
携帯通訳機の類も、いつか登場するでしょう。

その時、私たちの言語観はどう変わるのか、
どうも想像が付きません。ただ、素晴らしい技術に乾杯です。

しかし尚、
・機械経由で「意味」を把握するのと、
・本人の生の言葉では
「心」の伝わり方が違います。

人は単なる「情報」に心が動かされるわけではないからです。

オウムのような鳥が「話す」のも、
飼い主に意味を伝えているのではなく、
愛情を表現しているのでしょう。

生の言語の本質は、きっとそういうものです。

日本の公教育は、
ほぼ国民全員に、10年前後も、
英語を学ぶ機会と環境
を与えています。

そして、そのメニュー自体は決して悪くありません。

粗悪なのは、その解説と学習法、
更には、試験の形式自体にある事を正しく理解すべきです。

公教育と試験制度内の指導に特化する民間教育が変われないのなら、
違うスタンスを探るべきです。

10年にも亘る時間
どう使えるか次第が、
英語習得度合を大きく変え得るからです。

これまで通りでは、本当に貴重な人生の時間が勿体ありません。

今後の世界は、アメリカを中心に動いて行く事にはなりません。
しかし、それが英語を衰退させる事にはならず、

世界は増々、英語を共通言語として日常使用度を高めて行くはずです。

この現実に於いて、日本人だけが、別枠にいられるはずもありません。

英語をどこまで求めるかは、全て各人それぞれのものです。

しかし、同じ時間や労力でも、改善できる考え方や方法はあるのですから、
みんながそれに気付けば、英語に怖気付く事もない、
新しい日本国民像が生まれて行く日が、きっと来るでしょう。

その点は、日本人全体が変わって行くべきですし、
そうでなければ、国家的に損な事です。

 

笠原 一範

有限会社 ゼノ・メソッド取締役。
ロゴマップ・フォー・イングリッシュ代表。

英国立ウェストミンスター大学在学中より、ロンドンにて、
友人と月間邦字新聞を創刊。
地元在住邦人の間で話題を呼び、別冊月刊宝島、NHK国際放送でも紹介を受ける。
元々が物書き志望、廃刊帰国後、生活の為に始めた英語教育業者勤務の内、
講師業の面白さ、英語教育問題を見出し、深入りして独立、現在に至る。
新機軸の英語教材開発と販売を試案中。

2014年創業20年を機に、豊平区月寒より、
中央区の現在地に移転。教室名も上記に改称。

 

お気軽にご相談ください TEL 011-215-1435 カウンセリング・相談受付中(無料)

講師 笠原より

ロゴマップフォーイングリッシュ

運営会社:有限会社ゼノ・メソッド
 064-0810
札幌市中央区南10条西15丁目1-16
さいとうスタジオコート304
TEL:011-215-1435

PAGETOP