札幌中央区のロゴマップフォーイングリッシュのメソッドを利用しての英語を正確に短時間で手に入れる方法があります。個別指導・マンツーマン

正しい英会話とは?

  • HOME »
  • 正しい英会話とは?

正しい英会話とは?

いきなり、問いたいと思います。

あなたは英語を話したい… でも、
話せないのだとすれば、何故でしょうか?

あなたの頭に浮かぶ理由は、以下のようなものでしょうか?例えば、

1) 学校教育が文法ばかりだった
2) 外国人と話した事がない
3) 留学経験がない

もし、このような理由を考えているなら、
それは全て間違いです。

以下を英語で言ってみて下さい。

「あれは誰の車ですか?」
「ああ、僕のです」
「カッコイイですね」
「そうですか?どうも」

これを英語で言えるなら、
それは何故ですか?
留学経験があるのですか?
文法を教えない学校に通っていたからですか?
外国人と話した事があるのですか? …

あれは誰の車ですか? →Whose car is that ?

と言えるかどうかは、
中1で習う文法と単語を
理解しているかどうかに過ぎず、
上記の理由などは無関係です。

ああ、僕のです →Well, it’s mine.
カッコイイですね →It’s smart, isn’t it ?
そうですか? どうも →Is it ? Thanks.

外国人と、こんなやり取りをしていると、
うわあ、英語ペラペラですねえ、
などと言う人がいるものです。

しかし、これは全て中学1、2年範囲です。
各文の主語は何か?くらいしか、
一瞬でも考えるポイントなどありません。

日本人の大多数が言っている

『英会話ができるできない問題』

の殆どは、こういう事です。
習っていないのではなく、

自分が分かっていないだけか、
まるで染み付いていないので、

どんなレベルであろうと、

即刻英訳できず
英語で話す事が魔法のように見える

だけなのです。

以上、終了!
…ですが、教室業が成立しませんので、もう少しだけ解説を加えます。

英会話最大の誤解

上の方は、よう喋ります。

腹空いたわ、
チョコレートこうてくれや、
あんただけ、なに食うとんねん,
Hahaha おもろいわあ …

てな具合かどうかは兎も角、あんたこそおもろいでえ、
と思って

話しかけるとなんにも答えません。

さっきまで舌好調だったのに、どないしたねん?
と思うわけですが、まあ、この方はご承知の通り、

元々、分かって喋っていたわけじゃありませんので、

何を問うても、なに言うとんねん?なのです。

つまり、会話は成り立たない

何を申し上げようとしているのか、お分かりでしょうか?

このオウムは、

「英会話を求める大多数の人」 にそっくりだ

という事です。

講師の口まねをして、与えられたフレーズを発話する。
何度も繰り返す内に覚えて来る。

流石に人間なので、
その英文の意味は和訳も見て理解はする。
で、流暢にそれは言えるようになる。
が、それ以外は何も言えるようにならない。

何故か? …
応用する力がないからでしょう。

何故、応用力がないか? …
文法が弱いからです。

文法が弱いと問題あるのか? …
英作文できないでしょう。

私がやりたいのは会話だ、作文じゃない …
話すって事は、脳内作文ですよ。

嘘やろ、喋るのに文法考える奴がおるんかい?
…だって、外国語でしょ。

みんな、この第1歩から、
「話すという作業」 を誤解しているのです。

英語で話すという事

次が思い浮かんでいますが、
話し相手は日本人ではありません。

じゃあ、しょうがない。
即刻、英語で言ってみて下さい。

「オウムは人間の話し言葉を記憶して、まるで飼い主が宿っているかのよう」

に話しますけど、でも、

彼らは私たちの使っている言葉の意味を理解しているわけではないですからねえ、
ピーちゃん元気?

と話しかけても、

うん、元気だよ、君は?

と返答する事は決してないですよ。

そんなオウムが欲しいですけどねえ…

「覚えたものを言う」のではありません。

相手とのやり取りの中で、
次々と即興で発話し合うのが 「会話」です。

ならば、その場の「作文」以外の何なのでしょうか?

先の「脳内思い付き」の中には、

「オウム」
「話し言葉」
「飼い主」
「記憶する」
「宿る」

のような「単語」も浮かんでいますし、

『まるで~に』
『わけではない』
『ですけどねえ』 等の

ニュアンスで言いたいが、どない言えちゅうねん?

という表現上のテーマ、つまり、
文法問題がしっかりある事
は承知できるでしょうか?

英会話に文法なんか要らない! と思う方の根拠は何なのでしょう?

Hello. Thank you. Good- bye.
と言えば、英会話であるという事ですか?

先なら、例えば…

Parrots memorise our speaking languages and actually speak them
as if their owners lived in them, but it does’nt mean they understand
the meanings of the languages we use, you know.Even you speak to
him, “ Hello, Peachan, how are you ? ”, he never replies,”Fine,thanks,
and you? “. I wish I really had such a parrot …

とか何とか、取り敢えず、
相手を待たせ過ぎずに「英語で喋る」しかないでしょう。

個々の発音や文のイントネーションとて重要です。

しかし、殆どの日本人の先行テーマは

「その内容を英語に置き換えられるかどうか」

なのです。

そしてそれは、ほぼ

「脳内和文英訳作業」

なのだという事が分かるでしょうか?

英語で話すのは「創造作業」です。
オウム的なものではありません。…

単語を知らない

英語では、以下は何と言うのでしょうか?

化粧を落とす・ 靴を揃える・ 椅子を引く・ 1.000円札を崩す・
コクのある味・ 途方もなく難しい・ まだ青い男・ 折りたたみ傘・
ホチキス・ 点線・ 鼻詰まり・ 引き算・ 直角・ 正三角形・ 方程式・
元素・ 淡水・ 気化・ 両生類・ 光合成・ 温帯・ 第一次産業・
仏教・ 地方公務員・ 擬人法・ 漢文・ 絶対音感・ 握力 …

いやあ、ムズカシイと思うのが普通です。

学校や塾で習ったかどうか、定かでない語や表現も多いでしょう。

しかし、問題は、これは
「特殊な言葉」なのか?… という事です。
そんなはずがありません。
ならば、

「英語で話せない」 理由

が、又、見えたでしょう。

要は、単語を知らないという現実が、
ずばり自分にあるのです。

勿論、難語となれば更に知らず、
思い浮かぶ内容の1文目、2文目から、
欲しい語句の手持ちがない。

だから、言いようがなく、
人の言っている事も意味が見えて来ない。

そういう事ではありませんか?

私たちは、英語に対し、

結構「知っている気」になっているものです。

しかし、学校や受験勉強くらいで、
どうしてそんなに知っているでしょうか?

英単語100万語

客観データを言えば、現在、英語は

100万語もの語彙

を抱える世界最大語彙言語になっており、
その内、

5~6万語は平常使用、
2~3万語くらいは、日常会話

に使用されています。

日本人の平均像は、

大学入試前後に英単語力のピークを迎え、
この入試に求められる単語数が、

偏差値最高位大学でも5,000~6,000語

というレベルです(公立高校入試は1.000語未満)。

ならば、

どうして日本人全般が、そんなに英単語や語句を知っているでしょうか?

次ならどうでしょう? …

魚を焼く・パンを焼く・手を焼く・世話を焼く・家を焼く・やきもちを焼く …

パッと思い付くといいのですが、
誰でもそうではないでしょう。

私たちが英単語や語句、表現を知らないのは、
極めて初歩的、日常的レベルからなのだ

という事実が、ここにあります。

語彙力がない、
文法理解が浅い、当然、
作文力が乏しい

「英語で話せる」 はずがない

本当は当たり前の連環です。

しかし、誤解が深いのは何故でしょうか?

勘違いの定着

1つ目は、
自分は学校で文法をやらされたのに話せない、だから、
文法は無力だと思っている事

2つ目は、
ペラペラ話している人は、
何も考えずにスイスイ話しているのだから、やはり、
文法は関係ないだろうと思っているという事です。

これが誤解です。

学校の文法授業の主目的は
「英文和訳」のためです。

「和文英訳」のためではなく、まして、

話すため(作文)の必須道具として
身に着けようとするような徹底訓練は一切していません。

結果、
生徒は学生の間中、
英文法など、全然、
実感を持って理解しているわけではないのです。

自分だけは違っていたでしょうか?

3つ目は、
隣の芝は青く見えるという事。
ペラペラ話しているように見える人の脳波は見えず、又、
その人の苦労や努力の蓄積など知らないでしょう。

しかし、未だ腑に落ちぬ点があるかも知れません。
少々言及します。

英語は絵で考える 1

英語母語話者たちは、上を見ると、
chopsticksと思い、
私たちは「箸」 と思います。

しかし、
英語で話したり、書いたりする場合を説明的に言えば、私たちは、
意識的に下のように考えるはずだという事になります。

⇒箸 ⇒chopsticks

これでも同じchopsticsに到達しますが、
二重作業の末に辿り着くため、
「英語は英語で考えろ」
という話になるのです。

日本語をスキップし、
右のchopstics と絵を直に繋げば、
「三段論法」 は不要

英語母語話者と同じ思考回路が手に入るからです。

母語を形成する時、私たちはそうやって来ました。
他言語を挟んで理解して来たわけではありません。

ですから、英語であれ同じ回路で、
⇒ chopstics と捉え、又、
使うべきだという事です。

しかし、はっきりさせましょう。

日本人として生まれ育った者が、
赤ちゃんに戻って全人生をやり直す事はできません。

ですから、私たちが

意識、無意識両面で日本語を使うのは不可避

だと認め、
それを肯定し、
上手に活用する

のが賢明なのです
(そうでなければ、「日本人みんなの英語」にはならない)。

英語は絵で考える 2

ただ誤解しないで下さい。

一貫して日本語の英訳を述べていますが、
英語を話す前に、「日本語の完成文」 を作成しろ
と言っているのではありません。

写真の男について話すのに必要なのは、
日本語ではなく、自分の
「心の中のイメージ」 です。

この男に関し、
自分が旅の途上に、奇妙な経験をした事を話し出そうとし、
日本語では以下のような事を言いたいのだとします。

「はい、そこで突然、サングラスをかけた屈強そうな男が
私を振り返って、耳慣れぬ言葉で、私に話しかけて来たのですよ… 」

この日本語は説明のために過ぎません。

本当は、言う必要も書く必要もないのです。

何故なら、
この写真情報1枚(つまり、心の中)に、
先の内容の大半が、潜んでいるのではありませんか?

実際に、
自分が、この場で、
この男に話しかけられたのであれば、

この時の街の雰囲気、
匂い、
男の顔付き、
声等々

色々覚えているはずです。

 

ならば、

英訳の土台は、この映像や心象であり、

必ずしも日本語ではないでしょう。

つまり、
話す時の 「日本語の英訳」 とは、
完全な和文からの翻訳ではありません。

ペラペラに見える人たちが、素早く話せる理由は、

「言葉」対「言葉」ではなく、
「映像」対「言葉」

のような翻訳を行うからです。

「絵情報」 は一瞬で空気と全体像を思い起こさせ、
「言葉」 は時間を要するが、細部を明確にしてくれる。

私たちは、
頭の中でこの両輪を回し、
言語表現表現を行っているのです。

因みに、先を英語で言えば、例えば以下でしょうか。

Yes, suddenly looking back at me there, a tough-looking guy with sun-
glasses spoke to me in an unfamiliar language …

日本語を見直すヒント

「絵を英訳する」話の次は、

日本語と英語との関係について考えておきます。

私たちにとって、
逃れられぬのが日本語であるなら、
是非、理解すべき事です。

以下の意味を言ってみて下さい。

I know you.

「私は君を知っている」

と考えますか? …

一論します。

日本人に英語がややこしい最大の理由は何でしょうか? …

英文を読む時、
後ろから 「訳し上げる」人は多いはずです。

理由は「普通の日本語」にしたいからでしょう。

しかし、その普通を捨ててみます。
先なら、こうです。

『 私が知っているのは君だ 』

日本語と英語は、全く別の言語です。

ならば、両者に橋を架けるのに、
「普通」にばかり、こだわっていても良いのでしょうか?

英語は、その修飾法と語順が、
日本語とは真逆のような言語なのです。

ならば、
「私が知っているのは君だ」
と捉えれば、その壁を消せるでしょう。

下記左の 「普通の日本語」 も、
次のように捉え直せば、英語と同じ語順、

話の流れになるのを確認できます。

1) 彼らはその駅へ行った ⇒彼らが行った先はその駅(だ)
⇒ They went to the station.

2) 僕は父親が有名な俳優である女性を知っている⇒僕が知る 女性 の 父親は (=) 有名な俳優だ
⇒ I know a woman whose father is a famous actor.

先には、日本語の不可避を述べました。

次は日本語を改編する重要性です。
この改編が、日本語と英語を大接近させる点に注目して下さい。

次を素早く英語で言って下さい。

1 『 私はカラスたちが、あの山の上を飛んでいるのを見ました 』

主語や結論を捜し、目が左右に飛ぶでしょう。

それは、
英語と通常の日本語の語順の差異のためです。

しかし、日本語を以下のように、
英語的に 『組み換え』 てみます。

英語は主語の次に結論を言うのですから、こういう事のはずです。

⇒『 私が見た カラスたちが 飛び越え(て行っ)たのは、あの山(でした)』

では、 『日本語の語順のまま』 英訳します。
日本語と英語が合致するでしょう。

⇒ I saw the crows flying over that mountain.

「話の流れそのまま」 です。

これでも 「普通の日本語」でなければ、気が済みませんか?
次ならどうでしょうか?

『彼らは社長に、アメリカからロボット3台を導入する事について、
新しい計画を示したのですが、社長はそれを強く拒否しましてね… 』

長くて大変かも知れません。
しかし、英文法に沿って日本語を改編すれば、
例えば、こういう事です。

⇒彼らが示した社長への新計画の件は、
導入する3台のロボットを
先は、アメリカから(とするものだった)が、
彼が強く拒否したのがそれ(だったのだのですよ) …

では、この日本語の語順のまま英語化します。

They showed the president a new plan about introducing 3 robbots from U.S. but he strongly refused it …

「英語で話す」 という事は、

日本語をどう処理するかという問題そのももでもあり、
先述のような観点が、大きな改善策にもなるのです。

切れば短い

本当の処、「長い文」というものはありません。

『長い』 と思うのは、1文最後までの語数を見るからです。

日本語で話す時、
文の長さを意識したりはしないものです。

あるのは、ただ
「思い付いたイメージ」 や 「気持ち」
に過ぎないからです。

英語での発話も同じです。
思い付いた所から言い、言いながら考え、又、言う、
その繰り返しであるだけです。

1 彼らが示したのは社長を(対象にした) 新計画でして …
2 その件は、導入するのが 3機のロボットだ (という事なのですが)…(about)
3 (場所は)アメリカからですね(from)
4 でも、…彼が、強く 拒んだのが、それ(だったのですよ)

要するに、
上のような小単位で話して行くのですから、
「長い文」などありません。

詰まれば、
ええとか、ああとか言い、言いながら考え、考えながら言う。

その繰り返しが 「話す」 という事です。

「話す」のは、「読む・聴く」 よりも、
自分に主導権ある、より創造的な作業です。

又、「書く」 よりも
スピードを求められます。

しかし、それは
「自然と慣れて、いつか話せる…」
ような、根拠のない漠然たるものではありません。

『英会話』 に対する最大の誤解がそれなのです。

「話す」 作業は具体的なものです。

その柱が、

内容の映像化や小単位化、
日本語の英語的組み換えの常習化等々

と言えば良いでしょうか。

誰でも英語を話せるか?

そうに決まっています。
人間が言葉を話すのは当たり前の事です。

私たちは、学校の試験点数主義によって、
英語を発する事に恐怖感を与えられているだけで、
本当は好きに話せば良い事です。

正確でないと、何か失うのでしょうか?
何もありません。

しかし、
デタラメでいいという事にもならず、
一定の勉強は必要だという事に過ぎません。

ただ、誤解すべきでない事があります。

話すためには、
語彙力も文法力も必須だという事は、私たちは、

その力と自分の様々な知識等の総合力に応じた話し手になれる
という事です。

言い換えれば、

持っているもの以上にはなれないのですから、
簡単にネイティヴ・スピーカーのようになれるような
誤解や期待を持つのは良くありません。

日本人の誰もが、英語を話せるようにはなれます。

ただし、それは、自分の
『現段階に応じたレベルの英語話者』
になれるという意味である事は心得ておくべきです。

そして、それに不満足なら、
現状以上の努力を積むまで。

そういう事なのです。

みんなの英会話指標

日本の公教育に則し、普通の日本人の

「英会話レベル目安」

を分かり易く、大雑把に分類してみると、
例えば、こんな感じでしょうか?

1 中学英語全般レベルの文法、語彙範囲程度の「聞き・話し」ができる
2 ①同様、高校全般レベルで、上記ができる
3 一般英語メディアレベルの「聞き・話し」ができる
4 プロ通訳等、特別訓練も必要なスペシャリストレベル

本来は、国が抜本改革を断行し、もっと
「話せる」 教育訓練へのシフトを行うべきですが、
それは無いので、自分が目覚めて下さい。

そこで、① の徹底訓練をお勧めします。

実は、非常に多くの日本人が
『私は中学英語くらいはできる』 と思っています。

しかし、
中学教科書を 「和訳」 できる事を、
「できる基準」にしてはいけません。

正しくは、
「和訳」 を見れば、即刻「口頭英訳」 できる逆こそ
「できる基準」なのです。

そしてこれを高速で、且つ
正確にできる状態にある場合だけを、
「合格」 と見なすならば、
日本人全般の 「合格率」 は全く高くない。

これは何を示すか?

だから、『日本人は英語を喋れない』 という事です。

ですから、何と言っても、①が最重要なのです。

 

2は①の発展版で、
多少の文法拡張と語彙増強が必要ですが、

①がしっかりしていればできますし、先と同様、
このレベルの和文を素早く、正確に
「口頭英訳」 できるなら、普通の日本人としては、
十分過ぎるペラペラの人になれるでしょう (それでも語彙だけは足りません)。

3は、①②が十分に出来上がっていない限り、憧れレベルで終わります。

又、
大学生以上で、本当にこの水準に取り組める域にあるなら、
もう教育や指導問題ではなく、
自己研鑽力が殆どです。

④は、一般論から外れます。

さて、『英会話力』も目安化しました。

ご自分では良く分からない方、上手く進められない方は、
どうぞご遠慮なく、弊教室にご相談下さい。

英会話する類人猿

最後に参考資料として、動画を用意します。

実は 『英会話』 できるのは、
人間だけではなかったのです。

敢えて説明は書きませんが、

当動画の主人公、Kanziは、単語は勿論、
語順のような基本文法さえ理解している事がはっきり分かります。

彼の素晴らしい能力に畏れ入ると同時に、さて、
人間の自分たちが、
日本人だからとか、
教育が悪いからとか、

そんな理由で英語ができない事を愚痴っているなら、

あれ?ヤバイかも…という気になるかも知れません。

どうぞ動画をご覧下さい。
こういう愛すべき仲間が同じ地球に暮らしています。

嬉しく楽しく素晴らしい事です。

お気軽にご相談ください TEL 011-215-1435 カウンセリング・相談受付中(無料)

講師 笠原より

ロゴマップフォーイングリッシュ

運営会社:有限会社ゼノ・メソッド
 064-0810
札幌市中央区南10条西15丁目1-16
さいとうスタジオコート304
TEL:011-215-1435

PAGETOP