札幌中央区のロゴマップフォーイングリッシュのメソッドを利用しての英語を正確に短時間で手に入れる方法があります。個別指導・マンツーマン

小学生こそ英語改革者

  • HOME »
  • 小学生こそ英語改革者

小学生こそ英語改革者

 

できれば「英語を習得したい」。

そう思っていない日本人は、ほぼいません。当然の結果
として、親は我が子に「英語を習得させたい」と思う事
になります。


良い学校に入れたい、
良い仕事に就かせたい、
英語くらいできなけりゃ、世界から取り残されるから …

色々な立場や解釈、思いがあるのでしょう。子どもへの
愛情と責任感で、この英語問題に悩む親御さんもおられ
るかと思います。

ただ、この「悩み」も本当は不思議です。子どもたちは
学校に通うのですし、そこで何年も英語を習う事になる
からです。

学校で勉強するくらいでは、「英語の習得は無理」と決
まっているのでしょうか? …

少々この問題を考えてみたいと思います。

 

 紗英子・林論争  

 

2017年、女優の紗栄子氏が、9歳と7歳のご子息2人を英国
ロンドン郊外の私立全寮制学校に入学させた事が話題にな
りました。

親の海外転勤等のためではなく個人的決定ですから、謂わ
ば、特権階級の選択ですし、そのまま英国で育てる意向の
ようですので本腰です。

日本で、ご子息たちはインターナショナルスクールに通っ
ていたようですが、先の選択は「英語が身に着くから羨ま
しい」というような単純な問題ではありません。

これはズバリ言えば、我が子を『日本人よりも英国人にし
たい』親の姿
なのです。そうであれば如何でしょうか?

この思考や価値観に違和感を覚えない方がいるなら、間違
った英語観に毒されている気がします。

 

 

言語とは幼い内から日々の全生活を通じ、その社会の文化
をまるごと経験的に吸収する性質のもの
なので、英語習得
問題に限るならば、紗栄子氏の選択は間違っていません。
しかし、そのために幼い子どもを外国に手離して育てると
なれば、話は違います。

紗英子氏は、先の年、TVに出演、予備校講師 林修氏と対論
する機会がありました。彼女は「え~!そうなの?」と言う
のみで、2人は論争したわけではありません。しかし、林氏
が、あっさり述べた以下 2点には重大な指摘がありました。

① 英語のできる親ほど、子どもの早期英語教育に否定的
 人間に肝心なのは思考力。それさえ鍛えられていれば、
     英語なぞ、いつからでも直ぐできる


紗英子氏からの反論はありませんでした。

更に ② に関連し、林氏は日本人は「英語を話せるようにな
りたいだけ
」なのか、それとも「英語でも議論できるような
内容ある人間になりたいのか
」、世間の英語熱の大半は前者
に過ぎないのではないかとの含意も述べています。

正誤は兎も角、真意はお分かりでしょうか?…

人は思考力始め、総合的知力が高ければ英語も習得できるし、
内容ある英語の使い手にも成り得る。しかし、そうでなけれ
ば難しい、又は、ただ表面的にウマイだけの薄っぺらな英語
で終わる。日本人の多くには、この区別が付いていないので
ないかと言っているのです。

人は優れた知恵や人格に敬意を持っても、単に言葉を発する
だけなら尊敬はしません。誰でも日本人は日本語を話す事実
を考えれば、英語を発するだけの事を憧れや尊敬の対象にす
るのも奇妙な話です。

林氏の真意は、この意味で、英語こそを一大事のように優先
させたがる風潮に異を唱えているのかも知れません。そうで
あるなら正論でしょう。

 

英語を正しく位置付ける

英語のできる親ほど、早期英語教育には否定的だとの見方
がありました。事実だとすれば、何故なのでしょうか?…

優先事項があるからです。例えば、健康、体力、正義感、
責任感、他者を思い遣る心、友情
… みな当たり前ですが、
子どもたちを教え育まねばならぬ課題は果て無くあります。
又、自然や社会に対する関心、論理的な思考力、万事への
理解と伝達の礎としての「国語力」等々
どれも重要です。

では、この課題の中に、特に「英語」を上位に位置させる
必然はあるか
? ……

あるとは思えません。上記に勝る『英語超大切論』がある
ならば、馬鹿げている
と思います。正しくは「英語は有用」
「一助に成り得る」程度であるはずだからです。

でも「英語は早く始めなければ身に着かない」「学校英語
じゃ話せるようにはならない」のだから、キレイゴトを言
っていていいの?… と思われる方もいるかも知れません。

しかし、やはりそれも誤解の多い固定観念だと思わざるを
得ないのです。

 

 

英語論は2周を終えた 

1964年、戦後復興の象徴イベント、東京オリンピックの年に
「英検」が始まりました。正式名は「実用」英語検定。学校
英語授業の「非」実用性からの脱却が目論まれたのでしょう。

又、この辺りから国民一般にも「使える英語」と「受験英語
を別物とする解釈が流布し始めたのかも知れません。そして、
これからは英語くらい話せなきゃ…と誰もが言うような
時代を迎えるのでしょう。

では、ペリーから170年、オリンピックから60年弱、日本人
は「実用英語」を身に着け、日本は誰でも「英語くらいは話
す国」になったのか? …

いいえ、言う程簡単ではなく、そうは行かずに今に至ります。
しかし尚、国民全般の教育熱の高さ、真面目さ、世界一の教育
立国との国際評価も長らく受けていた国の割には、本当
に英語
は実らなかった
ように思えます。

何故なのでしょうか?……

色々な理由がありますが、力説したい事があります。それは、
学校英語は無力だから「実用英語を」「理屈よりも実践的コ
ミュニケーションを」等々と謳われて来た改革も、実は
甘か
ったか、的外れだったと
いう事です。

実用であれ、コミュニケーション重視であれ、それらに具体
基準はありません。何が実用で、何は非実用なのか?…

コミュニケーション重視とは、正確さよりも「ノリが大切」
という事ではないか? だとすれば、学習不要論でもある。
字義通り言えば、ハグやジェスチャーも立派なコミュニケー
ションだからです。

公教育の場で進んだ、外国人ALTが英語を英語で教える取り
組みは、一見理想のようでした。しかし、彼らALTたちは、
日本の生徒と現場をどう見ているか?… 恐らく徒労感で
一杯でしょう。

普通の中高生に、英語だけの授業を十分理解する力があるは
ずはなく、質問する英語力もありません。彼らは基礎工事の
ための単語と文法を学ばねば、何も始まらぬ段階にあるから
です(大学生とて大同小異)。

いや、分からなくてもいい、「慣れ」て行く事が大切なんだ
… そんな言葉も多々聞きました。しかし、分かってもいな
いものは慣れず、慣れたつもりで、イェー、イェー! では、
それも違う事くらい、生徒たちも本当は気付いています。

理屈ばかりの受験英語よりも、実践的勉強重視という目標は
正論です。しかし、スタミナ強化も筋トレもできていない選
手たちに、試合だ、勝利だ、優勝だと煽るのは空論でしょう。
実践や慣れを誇張する英語論もこれなのです。

だから、紗英子氏のような選択も出て来るのかも知れません。
しかし、仮に子育て世代の親の何割かが、彼女のような事を
すると、或いは、できるなら何が起こるか? …

日本的文化の後継者が激減し、国が滅ぶのです。


それでも尚、『英語こそが重要』でしょうか?
 …

 

 

あり得ない事 

児童英会話教室は、中学以降の「受験教育」に毒される前に
良い基礎を作ろうとする取り組みとして、大いに評価に足る
ものです。

楽しく遊びながら、自然と英語を身に着けて行きます

殆どの教室が謳う、この姿勢も間違ってはいません。しかし、
冷静にお考え下さい。

お子さんが、日本語を話し出すのに何年かかったか?
生後5年で、どのくらいだったか?
10年後には、どれだけになっている(た)か?
いくつ漢字を覚えたか?  …

言語の習得とは、どれ程、長年月の生活と共に学習の蓄積を
要するもの
? それは、
子育てをして来たお母さんたちこそ
が、実際に観察されて来た事であるはずです。

ならば、週に1回か2回、1時間前後のレッスンに通うとして、
一体、何年後なら『
自然と身に着く』 地点に到達するのでし
ょうか? …

 

仮に週2時間 (主流は週1時間程度) 習うとして、月8時間

つまり、年間96時間。 言い換えれば、これは  丸4日間

ならば… 3年続けて、丸12日間。10年続けても、丸40日間。

 週1時間制なら、全てがこの半分。


これでも、まだ「自然と身に着く」との言葉を鵜呑みにされ
るでしょうか?

『楽しく遊びながら、自然と身に着けて行きます』のような
宣伝文句は、たとえ悪意は無いのだとしても、実際には絶対
に実現しない誇大広告なのです。

児童英語教育を否定しているのではありません。その問題提
起や方法論にも、優れた要素が多々あります。しかし、そも
そも、その理想が『実現』するだけの「時間」が絶望的に足
りない
のです

これらの教室に通った結果、『身に着いた』子どもさんをご
存じでしょうか? 本当にそんな現実を目にされた事はある
のでしょうか?…

学校英語に限界を覚え、誰もが「身に着くか否か」を問題に
するようになり、優に半世紀以上を迎えました。そして、そ
最も期待される回答が、児童期からの英語でもありました。

しかし、過去半世紀の現実は、期待に応えた結果ではない
です。

 四択教育 

解法を教えます』と謳う大手塾の宣伝を目にします。しかし、
「解法」とは何の事なのか?…   百歩譲り、数学なら兎も角、
『英語の解法』とは、どういう物を指すのかピンと来ません。

そもそも、英語(言語)とは、解法で割り出すものなのか?
『割り出し』て、そこに導かれた「解」を4つの選択肢に探
し出す事が『英語科』なのか? …

はい、そうです と言うべきでしょう。

「身に着けさせる」事を教育課題とする探究等ではなく、余り
質の良くない知的ゲームのように英文を解く事が、千年一日の
如き受験英語問題
に対する勉強となる
のです。

こうして、日本の子どもたちは大人になって行きますから  …
日本人は、英語をよく身に着けて行く…  の反対という事です。

制度上の制約ある公教育の限界を打破してこその民間教育が、
受験の特化に過ぎず、『教育改革』とは無縁にビジネス化し
ている現実は、ここにも英語改革は無いという事なのです。

いつまでこのままを続けるのか?… 重大な問題です。

 

 

【 英語が身に着かない理由 】

では、長年の学校授業や受験勉強を経ても、日本人大半は
「英語を話せず」「しっかり書けず」「洋書もネット記事
も良く読めない」理由を列挙します。


① スポーツや楽器のように、とことん『反復練習』して
        来なかった

「運動」同様、『言葉も脳と身体感覚の連係信号』のような
ものです。紙の上 に与えられたテスト問題等に文法規則を当
てはめ、1度「解けた」から、「できた」事にはなりません

本当は、反射的に口から出る程、同じ問題を200回でも300回
でも繰り返す必要がありました。


② 
遊びの1つとして、英単語コレクションする習慣がな
        かった

文字は記録であり『実体』ではありません。言葉は「目と耳
と感触」等の総合で音声的に記憶するものです。氷・水・飲む
・冷たい・泣く… 私たちは、何でも映像と身体感覚で覚えて
来たのです。部屋の中、街の中 … 言葉は現実の中にあります。

英語とて、それを遊びにするような学習、単語絵本等から学ぶ
のを基本に膨大な単語コレクションを頭の中に作る学習が必要
ですが、そんな指導で学んだ事は、ほぼないのです。

③   作文訓練を重ねて来なかった

Why do so many people have the wrong idea about what
they should do to protect these environments ?
 

「和訳」できる人は多いでしょう。しかし『何故、非常に多くの
人が、これらの環境保護の為に自分たちがすべき事に関し、間違
った考えを持っているのか?』
と、日本語から英語を求められた
途端、素早く正確に言える(書ける)人は激減します。

「英語を身に着ける」「英語でも話せる」事を目指す勉強は、
ゴールを英語にする事です。しかし、試験も授業もそのようには
なっていませんでした


④ 
本当は「文法」が分かっていなかった

『話せない』のは、日本語と英語との『 文法的対応関係 』が
見えて来る程、深い勉強を重ねておらず「言いたい事(日本語)」
を「英語化」する力が足りな過ぎるから
です。

本当は③のように、文法学習は全て「作文的観点」から行われね
ばなりません。しかし、受験問題の殆どは、英文(和訳)解釈と
少々のリスニングで事足ります。そのため、文法も『和訳のため
の公式集』のような教え方なのです。

日本人は、文法授業ばかりだったから『英語が話せない」のでは
ありません。『文法が身に着いておらず、英文を組み立てられな
から話せないのです。


⑤ 
英語を聴いても、読んでも来なかった

①との関連ながら、毎日のように、とことん聴いても読んでもい
ないなら「染み付いて来る」現象は起こりません
。しかし、授業
でも試験でも、この反復は求められず、試験は(自分で作文する
のではなく)、与えられた英文の「和訳」や「適語選択」程度で
済む知識中心の内容でした。結局、頭には後々の表現集となるよ
うな英文が、何も蓄積されなかったのです。

⑥ 学校英語を活用せねばならなかった

無理なく⑤を行う最も「現実的な」方法は、毎日でも学校教科書
用朗読CD等を聴き、自分でも覚えてしまうまで、音読を日課とす
る事
でした。面白さを求めて映画等に背伸びするのではなく、自
分が丸ごと分かる内容をとことん覚え込み、段階的に進む必要が
ありました。

学校教科書こそを訓練素材とすれば、学生の間中、同じ内容を反
復せざるを得ず、覚える事、成績を上げる事、一石二鳥でもあり
ます。誤解がありますが、学校英語の不毛は、学習法と試験の出
題方法にあり、扱われる学習項目や英文自体ではありません

 

もう1つの誤解

教科書に次の文章があったとします。これは『文法』と『会話』
どちらを学ぶための内容なのでしょうか? …

A.  What time is the next train to London, please?
B.  The next train to London is due in 7 minutes.
       However, I’m afraid it’s been cancelled.
A.  Well, when’s the train after that?
B.   Normally that would be the 3:20, but as you
       may know, between the 1st of November and
       the 31st  of December, the 3:20 does not run on
       Mondays, Wednesdays …

A.  I have to get to the centre of London  by 6.

 

これは会話文です。しかし「会話文」だから「会話限定用」
なのではありません。文法も語も熟語も音声も学べるでしょ
う。逆に言えば、会話文でなくても会話に活かせるという事
です。

そもそも、私たちは日々の会話を予め暗記して話しているの
ではありません。ならば、英文法に則った英単語の組み合わ
せができるなら『英語で話す』事もできる
のです。

ここで、次の疑問を立ててみましょう。

① 学校英語では話せるようにならないのか?
② 海外で暮らさねば英語は身に着かないのか?

 そんな『固定観念』があるならば、それも多くは誤解です。
前述を確実に積み上げて行けるなら、日本に生まれ育ちなが
らも、相当な英語理解と運用能力を培う事ができます

又、そうでなければ、日本人に生まれた時点で英語は断念と
いう話です。そんな事はありませんし、それでいいのでしょ
うか?

あれこれ手を広げる事、背伸びする事は不要です。又、早期
教育も要りません。

日本の子どもが日本人らしくなるのは当たり前で、それでも
現代人として、英語を何とかすべきだと思うなら、学校での
英語学習期間とその素材を、従来とは
違う取り組みで十分に
消化させねばならず
、それが英語習得への前提になるという
事です。


新時代の英語 

外国人に道を訊かれたらどうしよう?…と思う人は多いはず
です。しかし、何故、私たちが英語で話さねばならないので
しょうか?

しかも、外国人は全て「英語国民」なのでしょうか? 自分
の英語の不備を無関係の外国人にすら「すいません」と思っ
てしまう謙虚さは余りに素晴らしい。

しかし、この妙な真面目さと謙虚さが、日本人の英語習得に
役立って来たか?… 逆でしょう。

急須をティーポット、長靴をブーツ、粉をパウダーと呼び変
えなければ、田舎者、垢抜けない、無教養、国際的でないと
思うような「精神的ダメージ」を、明治以来、日本人はずっ
と持ち続けて来たと思います。

伝統文化や言語、更には外見まで、英語や白人(文化)に、
劣っているかのような「解釈」がトラウマのようにあるので
す。しかし、根拠はどこにあるのか?… 本当はありません。

英語も然り。これからは、英語を実用道具と割り切ってもぎ
取る事に徹すべきで、英語国民や白人を見上げて学ぶような
「精神」は邪魔
になります

誤解を恐れずに言えば、私たちが英語を必要とするのは、自
分たちの「発信」のためで、彼らの文化を学ぶためではない
という転換を持たねばなりません。

もっと戦略的に大胆に、英語(国民)を見下すくらいの意識
で向き合わねば、永遠に英語に圧倒され、モノにならぬ繰り
返しになります。

世界は変わり続けています。誤解は英語学習すら非生産的に
します。過剰な理想論も不毛です。普通の日本人の子どもた
ちが、日本で生まれ育ちながら、英語も習得して行ける方法
と構えが確立されて行く事こそが重要なのです


諸々の条件を考えると、論理的思考力が急上昇する10歳頃か
ら始めるのが最良
でしょう。そして、受験問題の解法に終わ
るような勉強を止め、20歳前後には、相当「話せる」ように
なる事も期待できる『育て方』を選択すべき
です。

小学生には、成長のための時間がたっぷりあります。小学生
こそが、改革者であり得る理由です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にご相談ください TEL 011-215-1435 カウンセリング・相談受付中(無料)

講師 笠原より

ロゴマップフォーイングリッシュ

運営会社:有限会社ゼノ・メソッド
 064-0810
札幌市中央区南10条西15丁目1-16
さいとうスタジオコート304
TEL:011-215-1435

PAGETOP